ゆい’s キッチン

テーマ 生きることは食べること イートライフ(EatLife)を楽しみましょう!

■目的
「病気であっても病人ではない!」がん患者さんの栄養に関する悩みを解決しながらバランスのとれた食事療法をご紹介
3つのポイント
・からだにやさしい
・無理なくかんたん
・栄養バランス

■概要
昨今では栄養学について様々な意見があり、多くの患者様からの「どの食事療法が効果的なのですか?」「がん患者は○○を取らない方が良いのですか?」などという質問が多々聞かれます。 医学的知識と栄養学をもとに、がんを患っている方や治療中の方のために、安全で栄養価が高く簡単に作れるレシピをご紹介します。 人それぞれ嗜好もあり、自身の知識の中だけではどうしても栄養が偏りやすいのが現実です。また、体調が優れないときや時間のない時には、やはり時短レシピが重宝されます。 「からだにやさしい」「無理なくかんたん」「栄養バランス」この3つのポイントをおさえた栄養の豆知識をふまえたレシピを、栄養医学・がん哲学のエキスパートがご紹介します。

■栄養学講座(案)
★まずは栄養バランスの基本を知ろう
★食べることを楽しむための工夫
★抵抗力アップのための食事の工夫
★食欲がないときの簡単栄養アップレシピ
★腸内環境の重要性と整える工夫のポイント
★貧血改善のための食事のポイント
★味覚の変化に対する食事の工夫
★食欲低下や口内炎に対する食事の工夫

■開催概要
場所:KDX新日本橋ビル クッキングスタジオ
参加費:試食あり3,000円(事前予約)、見学のみ1,000円
日時:2か月から3か月に1回(決定日時は別資料をご確認ください)
定員:試食あり15名、見学のみ20名程度
対象:がん患者さまやサバイバー、そのご家族、がんについての知識を深めたい方はどなたでもご参加ください。

■お料理教室の流れ
・開会のご挨拶 10分
・栄養学の豆知識講座 20分
  本日のレシピにまつわる栄養学
・からだにやさしい料理 3品デモンストレーション 30分
・ご試食・憩いの時間 30分
・閉会のご挨拶



主催:ゆい訪問看護ステーション
コーディネーター:あきたすてらクリニック 院長 長谷川時生先生
アドバイザー:順天堂大学腫瘍病理学講座教授 樋野興夫先生
協力:株式会社OCEAN'S、Eatreat株式会社


開催のお知らせ

開催報告

■第2回ゆい’s キッチン開催

2017年3月26日に、第2回 ゆい’s キッチンが開催されました。

「病気であっても病人ではない」「生きることは食べること イートライフ(EatLife)を楽しみましょう」ということで、 今回は「貧血と食事」をテーマに、貧血の原因から症状、様々なメカニズムについて、あきたすてらクリニック院長の長谷川先生にご講演頂きました。
貧血の原因は様々であり、「がん」もその中の原因の一つです。実際に貧血か否かをみるために血液中のヘモグロビン濃度を測定するなど、 貧血についての理解がより深まったのではないでしょうか。
     
続いて、デモンストレーション。初めに玄米の美味しい炊き方のコツについてです。玄米は精米する前のお米の状態です。 表皮と胚芽の部分にはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。GI値も白米より低く、血糖上昇も緩やかな健康食です。 玄米は独特な糠のにおいやパサつき感などにより嫌煙されがちですが、美味しい炊き方を知って頂くと、白米と変わらないもちもちつやつやに炊き上げることができます。
そして次に、鉄分豊富な豚レバーを用いた「レバーのかりん焼」を作りました。レバーが苦手な方でも、小学生のお子様でも美味しくいただけます。 栄養療法を講義で学び、また食事療法をご紹介しながら実際にキッチンスタジオでお料理をつくるという、 今までにないようなハイブリッドなお料理教室です。ご参加者様にも「玄米を圧力鍋で炊くとこんなにもちもちになるなんて驚きです。」 「早速圧力鍋を購入します!」「レバーもこんなに食べやすいのですね、子供たちでも栄養とりやすい!」 「健康なものは美味しくないというイメージがなくなった」「すぐに実践してみたい!」などのご意見を頂きました。
   

Eatreat株式会社様 webサイトはこちら☞ https://eat-treat.jp/


■第1回ゆい’s キッチン開催

2017年1月22日にKDX新日本橋ビルにて、記念すべき第1回 ゆい’s キッチンが開催されました。

「病気であっても病人ではない」「生きることは食べること イートライフ(EatLife)を楽しみましょう」を テーマに、がん患者さんの栄養に関する悩みを解決し、バランスのとれた食事療法をご紹介しながら 実際にキッチンスタジオでお料理をつくるという、今までにないようなハイブリッドなお料理教室です。
今回のゲストは、がん哲学外来でも著名な樋野興夫先生にお越しいただき、がん哲学について、
またアドバイザーでもある、あきたすてらクリニックの長谷川時生先生からがん患者さんへのおすすめの 食事や栄養の摂り方の工夫などについて講演をいただきました。講演後は、Eatreat株式会社の
管理栄養士である加藤さんによりご参加者様からの質問に受け答えをしながら、にぎやかにデモンストレーションが行われました。
   
ご参加者様にも「勉強になりました」「健康なものは美味しくないというイメージがなくなった」「すぐに実践してみたい!」 など前向きなご意見を頂き、盛況に終えることができました。
   

Eatreat株式会社様 webサイトはこちら☞ https://eat-treat.jp/